池袋・新宿・渋谷・鶯谷・大塚ほか首都圏の30代、40代女性が稼げる風俗求人・バイト探し|風俗バイトナビ(ふうなび)

file
#06

風俗を副業にする主婦やOLの悩み相談

バイトしても会社にばれない?

風俗を副業にする主婦やOLの悩み相談

バイト生活

昼間はOLとして働き、高収入を目指してアフター5や休日に「副業」として風俗バイトする30代や40代の女性はたくさんいます。これを読んでいる30代や40代の主婦層の中にも、「求人サイトで求人募集している風俗バイトの副業で高収入を稼ぎたい!」と思案中の人もいると思います。とはいえ、「税務署経由で本業の会社にばれるのでは?」等々、不安材料も多々あるはず。ここでは高収入な風俗バイトを副業にする前に、知っておきたいお役立ち情報を2つご紹介します。

急遽、残業や休日出勤が発生。お店を休んでも問題ない?

急遽、残業や休日出勤が発生。お店を休んでも問題ない?

高収入なバイトを集めた求人サイトの求人募集を見て、風俗のお仕事に興味を持つ人は年々増えています。高収入を追求し、風俗バイトのみに専念する「専業」の人がいる一方、30代や40代の中には、OLや主婦などの「本業」の傍ら、風俗を「副業」とする女性もいます。

風俗バイトを副業とする30代や40代の女性のポイントは、本業に占めるウエイトの比重が重いこと。例えばOLを本業としている30代や40代の場合、突然の残業や休日出勤などで予定が狂ってしまうことも珍しくありません。また主婦の場合、急に家庭の用事ができてしまう可能性もあります。

高収入な店舗型風俗や派遣型風俗でアルバイトするコンパニオンは、シングルマザーや借金を抱えた人など、様々な事情を抱えているのが特徴。求人サイトの求人募集に応募後の面接では、「本業を持っていること」「残業や休日出勤でアルバイトできないことがあること」などを、事前にきちんと伝えておくことが重要です。

シフトに入っているにもかかわらず、当日どうしてもアルバイトを欠勤する場合は、お店に連絡すればOKです。ちなみにお店にとって一番迷惑なのは無断欠勤。予定ができてどうしてもバイトできない時は、できるだけ早くお店に連絡するようにしましょう。

風俗店から給料をもらうと、税務署経由で会社や家族にばれない?

風俗店からお給料をもらうと、役所や税務署から本業の会社や家に税金に関する通知が来る。その結果、風俗で副業し、高収入を稼いだことがばれてしまう…。これは風俗バイトにおいてまことしやかに囁かれる噂です。主婦や本業を持つ30代や40代にとっては気になるところでしょう。

結論から申しますと、役所や税務署から通知は来ませんし、会社や家族にばれることもありません。高収入が魅力の風俗店で副業する女性は、主婦やOL、また30代や40代など年齢を問わず個人事業主として扱われます。

ここがポイント

コンパニオンが受け取るお給料は、「源泉徴収」として1割差し引かれたもの。もしもコンパニオンが月に100万円の高収入を稼いだとしたら、源泉徴収費として10万円差し引かれ、手取りは90万円となります。

源泉徴収とは、個人事業主として仕事をした場合、前もって納める税金のこと。納めた源泉徴収を3月に確定申告すれば、納め過ぎた税金の差額が戻ってくることもあります。

風俗バイトと源泉徴収について

普通の会社でアルバイトなどの副業をした場合、12月~1月頃に源泉徴収額を示した「源泉徴収票」が郵送されてくることがあります。風俗店の場合、コンパニオンが希望すれば源泉徴収票を発行してくれるところもありますが、わざわざ自宅に郵送してくることはありません。

日本では専業主婦、アルバイター、パート主婦、また30代や40代など年齢に関わらず、収入があれば税務署に報告することが義務付けられています。とはいえ、年末調整時に風俗店から発行された源泉徴収票を本業の会社に提出しない限り、本業の会社にばれることはありません。主婦の場合は、確定申告しなければ問題ないというわけです。

源泉徴収に関して気になる人は、求人サイトの求人募集に応募後の面接時に、源泉徴収の発行の有無や給料の支払いシステムなどを確認しておくことが大切です。