面接マニュアル

バイトの面接する際の注意点をご紹介します。自分の魅力を上手にアピールしつつ、
お店の情報をしっかり聞き取ることができるように、以下の点をチェックしましょう

事前の予約の電話は必ずしましょう

メモ帳と筆記用具を必ず準備し、聞きたいことは前もって整理してメモを作っておくと良いでしょう。携帯電話から応募の電話をするときは、電波の状態を確認してください。先方の忙しいと考えられる時間帯は控えましょう。

当日は遅刻・ドタキャン厳禁!

最低限のマナーです。5分前には面接の場所に到着しましょう。もし何かの緊急事態が起きて遅れそうなら、その時点ですぐに電話を。

印象よく見える服装、メイクで

やはり接客業なので見た目の印象は大切です。自分がいちばんかわいく見えるファッション、メイクを心がけて
面接時のメイクは?

ナチュラルで清潔感のあるメイクが一般的に良い印象を与えるようです。通常は流行のメイクをしている方で面接の時だけはナチュラルにしてみてください。出勤時のメイクは面接担当者より指示があることが多いようです。

言葉ははっきり、丁寧に!

電話や面接で、いきなりタメ口では非常識です。話し方には個性もありますが、一言ずつハッキリと落ち着いて話すように心がけましょう。相手の目をしっかり見て、聞かれたことには素直に答えましょう。面接で厳しい担当者ほど、実際のお仕事もキチンとしていて働きやすいことが多いようです。

聞かれることは事前に準備して!

自分の年齢や、身長・体重・服のサイズ、風俗のお仕事経験の有無、携帯番号や志望動機、希望シフトなどをメモしておくと便利です。面接当日に聞かれたり履歴書などを書いたりするときにスムーズです。

労働条件をしっかり確認しましょう

労働時間や条件、賞罰、収入など気になること・わからないことは、しっかり確認しておきましょう。わからないこと、聞きたいことはあらかじめメモをとっておいて、忘れずに聞く方が良いです。自分の条件に合わないときは、はっきりと辞退を申し出ましょう。

■ 確認事項

  • ・出勤スタイル(出勤日/公休/出勤時間/退店時間など)
  • ・給料システム(基本時給/歩合給の場合はその内容、バック率/給与保証/昇給システム/ボーナス制度など)

面接官は「第一印象」を重要視する傾向があります。特に接客業では尚のことです。面接は自分自身を売り込む場所なので、最高の自分を表現できるよう言葉や態度には注意が必要になります。ナイト産業のお仕事では、面接時に時給や日給を面接官と交渉することがありますので、面接でも十分に自分をアピールできるように準備しましょう。相手の会社はどんな人材を求めているのかを考え、自分がそのイメージに合わす事が出来るかが重要です。

ページTOPへ